陽松庵ほのぼの日記

毎週日曜日に参禅しています。座禅会後に陽松庵でご奉仕させて頂いています。その日の出来事や感想、想い、神社仏閣参拝記録などを綴っています

学びを進めるとき

 

人は段階を踏みながら学びに応じて

成長していきます

 

一つの環境に長く身を置いてると

ある段階まではそこに学びがあり

成長していきますが、

そこから先が見え、その場所では

これ以上の進展、ステップアップが

そこには無いと分かってくるときが

あります。

ですが、そこに強いこだわりや執着が

あるとその場に居ても仕方がないと

知りつつも離れられずに居たりします

 

次へと進みさらに学んでいきたいと

願うなら今いる場所から離れなければ

ならないときがあり

 

それはとても勇気のいることで、

そう簡単に変化できなくても

時期が来ればしっかり離れていく、

変わっていくことを心に留めて置く

ことが大切だと思います。

 

 

今日の陽松庵は

雲一つない抜けるような青い空が

とても美しく

穏やかで心地のいい空間が

広がっていました

 

     本堂

    玄関

 

 

モリアオガエルと水蓮

 

坐禅会での茶話会の部屋からは

裏庭が見えます!

 

この裏庭には池があるのですが真夏は

水が枯れることもある為、蓮や水蓮などの

花を植えたくても水が枯れるからと

いうことで今まで植えなかったそうです。

 

ずいぶん前に和尚さんが一度蓮を植えた

そうですがやはり

水がかれて咲かなかったそうです

 

そんな裏庭の池ですが、今年は参禅者の

Aさんがいつも陽松庵に花を活けて下さる

Mさんから頂いた

水蓮を植えてくださり順調に育って

います

 

 

 

そしてこの池にはモリアオガエルもいます!

 

卵を見つけ、和尚さんに尋ねると毎年卵は

産みつけるけどそこからおたまじゃくしが

孵ったのを見たことがないと言ってました

 

 

卵を発見してからそろそろ3週間になるのですが

おたまじゃくしが見当たらないところをみると

どうやら今年もダメだったようです……残念

 

しかし、卵が孵化しないのになぜ枯れることも

あるこの池にモリアオガエルがいるのかが謎です!(笑)

 

 

仏さまはいつでも傍にいる

 

仏は常にいませども現ならぬぞあわれなる

     人の音せぬ暁にほのかに夢に見えたまふ

 

この歌は梁塵秘抄(りょうじんひしょう)という

平安末期の今様(いまよう)歌謡集に

納められている法文歌の一首です

 

仏さまは見えないけれどいつも私たちのそばに

居てくださっている

普段は見えないけれど人の寝静まった暁に

かすかな夢の中に現れてくださる

 

仏さまはそのように尊い存在なんですね

仏さまがいつでも直ぐそばにいてくださると思える

だけで心が温かくなってきます

 

 

位牌堂の観音様の謎

坐禅会終了後に

過去記事にも書いた岩山にある

観音様のところへ和尚さんに

連れて行って頂きました。

 

和尚さんが数十年前に来られた時は

まだ台座の上に載ってあり

頭だけがない状態だったそうですが

今回は台座から落ちて地面に

転がっていて台座も真っ二つに割れて

地面に落ちていました。

 

もうとても拝める状態では

なく本当に残念でした

 

和尚さんはこの観音様を修復して

陽松庵でお祀りできればと考えて

いたそうですが、傷みがひどく

また、山の上から降ろすのもとても

出来そうにないので断念されました

 

また私は陽松庵には観音様が

いらっしゃらないと思っていたのですが

位牌堂に観音様がお祀りされていました

 

この観音様と岩山の観音様が

姿形がそっくりだったのです!

台座の文字も同じものが彫られていました

お顔はないのですが、岩山の

観音様と位牌堂の観音様は同じだろうと

和尚さんは言ってました

 

多分岩山まで登るのが大変なので

陽松庵に岩山の観音様の分身を祀った

んだろうということでした

 

和尚さんはなぜ位牌堂に観音様が

お祀りされているのか

不思議に思っていたそうですが

これで謎が解けたと言ってました!

 

 

位牌堂の観音様

 

 

 

 

マインドフルネス体験講座

 

陽松庵の宗寮にて臨床心理士の八木美佳先生

がマインドフルネス低減法の体験講座を開講

されます!

月に一度の講座なので、あまり時間の

取れない方でも

無理なく体験出来るプログラムになっています

ご興味のある方は下記のリンクを見て下さい^^v

 

kokc.jp

 

 

今日はいいお天気で15名の方が

参禅されました

単に坐っていても開けた窓から

涼しい風が入って来て

とても心地よく坐ることができました!

 

坐禅に集中できた時は

『えっ、もう終わり?』

って感じる位あっという間に時間が

過ぎてしまいます

 

午後の陽松庵はとても静かでまるで

時が止まったかのような不思議な

空間が漂っています

そこに一人御仏様と向き合っていると

 

 

❝なにごとのおわしますかは知らねども

かたじけなさに涙こぼるる❞

 

西行法師の歌のように感じるのです

 

この歌は西行法師が伊勢神宮に訪れた

ときに詠まれたものですが西行法師も

きっと目には見えないけれど、大いなる

何か、言葉では言い表せられない偉大なる

何かを感じ取られたのではないかと

思うのです

 

なかなか坐禅に集中することは難しい

ですが、坐ることができる間は坐禅

続けていきたいと思います

 

 

 

3.11震災ボランティアレポート

 

京都の先輩僧侶が3月に

東北の被災地各地を回って

慰霊法要ボランティアをされ

その様子を以前このブログでも

紹介させていただきました。

 

その先輩がボランティア法要の

様子をレポートにまとめられました

ので改めてレポートのリンクを貼り付け

ておきます!

 

 

 

docs.google.com

 

先輩は東北だけでなく災害で大切な

家族を失って未だ悲しみの癒えない人々の

ためにも被災地を忘れないでほしい

被災地の現状を一人でも多くの人に

知ってもらい関心を持って欲しいと

言っていました。

 

 

 

陽松庵でマインドフルネス低減法の講座を

開講される八木美佳さんから頂き

去年11月に松樹庵の前庭に植えたチューリップ

も一輪だけですが咲きました

 

cusityikaruba.hatenablog.com

 

 

 

シャガも綺麗に咲き誇っています

 

マインドフルネス低減法プログラム開講します!

 

陽松庵で5月からマインドフルネス低減法

の講座が始まります!

 

この講座は陽松庵の坐禅会に参禅

されている八木美佳さんが講師として

陽松庵の衆寮を借りて開講されます

 

陽松庵で坐禅をしてからこの講座に

出席することもできますので

 

日常から離れた場所で自身を見つめ直す、

又は自己啓発などにとても良いのでは

ないでしょうか

 

ご興味のある方は無料のオリエンテーション

も有りますので先ずはそちらに参加されるのも

いいと思います!

 

 

以下リンクを貼っておきます

 

 

https://peatix.com/event/3225063

 

 

   陽松庵山門

f:id:cusityikaruba:20210418223154j:plain



 衆寮

f:id:cusityikaruba:20210418223051j:plain